瘀血 (おけつ)のための漢方薬

お問合わせ
03-3842-0541
瘀血(お血/おけつ) を解決するための漢方薬

瘀血(お血/おけつ) を解決するための漢方薬

漢方薬は細かい症状や体質によって複数の処方から選択致します。ご自身に適切なお薬をお探しの場合はお気軽にご相談下さい。
このページでは、「血」の滞りである「瘀血」 (おけつ/お血)の状態を改善するための漢方(活血化瘀薬) を紹介します。

瘀血 (お血/おけつ)とは……

血液は、私たちの体の隅々まで酸素や栄養を運んだり、異物の侵入に際しそれらと戦うことで健康を維持するという大切な役目を担っています。血液の循環が良い(いわゆる血液サラサラ)と私たちは健康でいられますが、循環が悪くなる(いわゆるドロドロ血)と、様々な疾病をおこします。 漢方薬の医学である、中医学では、「血(けつ)の流れが悪くなった状態」のことを、お血(おけつ) といいます。

どうして お血(おけつ)になるの?

瘀血 (おけつ)になってしまう原因は様々。食生活の偏りや運動不足のほかにも、ストレスから「お血」状態になってしまう人もいます。生活のバランスが崩れてしまっているかたは、注意が必要!下の「代表的症状」をチェックしてみてください。

瘀血(お血)の代表的な症状チェック
皮膚
顔色がどす黒い。皮膚につやがなく、カサカサ。シミ・そばかすが多い
痛み
決まった場所が刺すように痛む。頭痛・腰痛。手足などにしびれがある。
血管
腹や足の静脈が青く浮き出ている
便通
痔がある。タール状の黒色便。
月経
月経痛、月経の遅れ、あるいは無月経。経血が暗赤色で塊がまじっている。

血流を改善する、活血化お剤 (かっけつかおざい)

活血化瘀剤(かっけつかおざい)とは、お血(瘀血・おけつ)症状を改善するための配合がなされた漢方薬です。
お血(瘀血・おけつ)になると、中医学でいう「気滞(緊張状態)」「血虚(貧血のような状態)」などの症状が起こります。
活血化お剤 (かっけつかおざい)には、血虚・気滞に対応する生薬が含まれています。

瘀血 を漢方相談したいお客様へ

漢方相談について

ご相談は、店頭・お電話・お問い合わせフォーム等より承ります。お気軽にご相談下さい。

漢方調合をご希望のお客様へ

原因が複雑でじっくり向き合いたい場合は、調合を含めたご相談も承ります。詳細はお問い合わせ下さい。
調合について漢方調合のよくある質問のページも併せてご参照下さい。

ご注文・お問い合わせはコチラ

ネットからのお問い合わせは24時間365日受付中!

03-3842-0541

電話対応時間 10時から19時 (元日を除く)

ページトップへ戻る