八ッ目鰻(ヤツメウナギ)

八ッ目漢方薬局ロゴ
お問合わせ
03-3842-0541
取扱品

八ッ目鰻(ヤツメウナギ)について

通販可能品はクリック(タップ)で通販サイトへ移動します
漢方薬は細かい症状や体質によって複数の処方から選択致します。ご自身に適切なお薬をお探しの場合はお気軽にご相談下さい。

八ッ目鰻を使用した製品

ヤツメウナギが良い理由/ビタミンAの役割

ヤツメウナギには、ビタミンA・ビタミンB類・ビタミンD・ビタミンE・鉄などの他、DHAやEPAなど様々な栄養が豊富に含まれていますが、特に「目のビタミン」 といわれているビタミンAが、他の食品と比べて突出しています。ビタミンAが不足すると、目の乾燥を感じやすくなってしまいます。

ヤツメウナギってどんな生き物?

八ツ目鰻の写真

ヤツメウナギは最も原始的な魚で、2億年前から大きく形を変えることなく、現在まで行き続けている「生きた化石」です。味は歯ごたえがありおいしく、蒲焼や佃煮などにして食します。ビタミンAを豊富に含み、古くから夜盲症の薬として知られています。 日本には、カワヤツメ、スナヤツメ、ミツバヤツメ、シベリアヤツメの4種が生息しています。食用になるのはカワヤツメで、これを単にヤツメウナギともいいます。

生物学的には、円口類と呼ばれる無顎(むがく)類に属し、口は丸い吸盤状で顎骨を欠き、内骨格は全て軟骨です。脊椎動物の中で最も原始的なグループに属します。ヤツメウナギの仲間は体がウナギ形で、体表は粘液で覆われています。 眼は1対ですが、眼の後方に連なる7対の外鰓孔が眼のように見えるところから「ヤツメウナギ」の名がついています。 海中生活期には、口の吸盤で他魚の皮膚に取り付き、唇歯とピストン運動する舌歯によって皮膚を突き刺し、口腔腺液を注入して血液の凝固を防ぐとともに筋肉を溶かし、筋肉と血液をともに吸食する外部寄生を営みます。

ヤツメウナギと八ッ目漢方薬局、八ッ目製薬

八ッ目漢方薬局は八ッ目製薬グループの漢方薬局です。
八ッ目製薬は乾物問屋より乾燥八ッ目鰻専門問屋「加次井商店」を大正期に創業して以来、現在もヤツメウナギを原料とする医薬品「強力八ッ目鰻キモの油」や健康食品「八ッ目の精」「粉末八ッ目鰻」等を製造販売し、 皆様に天然ヤツメウナギの恵みをお届けしております。

ご注文・お問い合わせはコチラ

ネットからのお問い合わせは24時間365日受付中!

03-3842-0541

電話対応時間 10時から19時 (元日を除く)

ページトップへ戻る