ヤツメウナギ(八ツ目鰻)について

やつめうなぎを知っていますか?

やつめうなぎ・・・「聞いたことはあるけど良く知らない」「それって食べれるの?」「ぜんぜん知らない!」など、ウナギに比べて知名度はちょっと寂しい。でも、ビタミンAや鉄分・タンパク質・DHAやEPAを豊富に含むヤツメウナギを知らないなんてもったいない![天然のビタミン剤]やつめうなぎを、もっと知ってみませんか?
ヤツメウナギってどんな魚? | なぜ体に良いの? | 八ツ目鰻製品


ヤツメウナギってどんな魚?

ヤツメウナギは最も原始的な魚で、2億年前から大きく形を変えることなく、現在まで行き続けている「生きた化石」です。味は歯ごたえがありおいしく、蒲焼や佃煮などにして食します。ビタミンAを濃厚に含み、古くから夜盲症の薬として知られています。
日本には、カワヤツメ、スナヤツメ、ミツバヤツメ、シベリアヤツメの4種が生息しています。食用になるのはカワヤツメで、これを単にヤツメウナギともいいます。
生物学的には、円口類と呼ばれる無顎(むがく)類に属し、口は丸い吸盤状で顎骨を欠き、内骨格は全て軟骨です。脊椎動物の中で最も原始的なグループに属します。ヤツメウナギの仲間は体がウナギ形で、体表は粘液で覆われています。
眼は1対ですが、眼の後方に連なる7対の外鰓孔が眼のように見えるところから「ヤツメウナギ」の名がついています。
海中生活期には、口の吸盤で他魚の皮膚に取り付き、唇歯とピストン運動する舌歯によって皮膚を突き刺し、口腔腺液を注入して血液の凝固を防ぐとともに筋肉を溶かし、筋肉と血液をともに吸食する外部寄生を営みます。

ヤツメウナギの写真。目ではなく、エラ穴を含めて数えて8つ ヤツメウナギの全体像。長さは平均40から50センチ ヤツメウナギ写真3:口の部分
※これらの写真は、八ツ目製薬グループが撮影した写真を、許諾を得たうえで使用・加工しています。ヤツメウナギを撮影した貴重な写真ゆえ、無許可の転載はご遠慮下さい。

ヤツメウナギはなぜ体に良いの?

ヤツメウナギには、ビタミンA・ビタミンB類・ビタミンD・ビタミンE・鉄などの他、DHAやEPAなど様々なえいようが豊富に含まれていますが、特に、「目のビタミン」 といわれているビタミンAが、他の食品と比べて突出しています。ビタミンAが不足すると、目や肌が乾燥したり、ニキビが出来やすくなってしまいます。

ビタミンAは、上皮細胞である皮膚の新陳代謝を促し、肌荒れや老化を防いでいます。また、粘液の産生にも関係しています。粘膜の役割は、 病原菌などの外敵から最初に身を守ること。食べ物や空気の通り道、つまり鼻・喉・消化器などを覆う粘膜は、健康なときは体内に入ってきた病原菌を跳ね返すバリケードのような働きをしています。ところがビタミンAが不足すると、粘膜が乾燥しやすくなり、粘膜の機能が低下します。そのため、病原菌が簡単に体内へ侵入してしまいます。

八ツ目鰻製品のご案内

八ツ目漢方薬局浅草店では、ヤツメウナギのビタミンAを製剤化した「強力八ツ目鰻キモの油[第②類医薬品]」をはじめ、ヤツメウナギ製品を各種取りそろえております。

強力八ツ目鰻キモの油[指定第2類医薬品]

強力八ツ目鰻キモの油は、ヤツメウナギ由来のビタミンAがたっぷり入った医薬品です。
[効果効能]
次の諸症状の緩和: 目の乾燥感、夜盲症(とり目)
次の場合のビタミンAの補給: 妊娠授乳期、病中病後の体力低下時、発育期

通販ページへ移動強力八ツ目鰻キモの油ご購入はこちらから

乾燥八ツ目鰻

乾燥八ツ目鰻は、やつめうなぎをそのまま丸干ししているので、ビタミンAや鉄分をはじめとする八ツ目鰻の栄養分がまるごと摂取できる健康食品です。

通販ページへ移動乾燥八ツ目鰻ご購入はこちらから

八ツ目の精

八ツ目の精は、 伝統の滋養食材・八ツ目鰻に、大棗・人参を加え粒状にした 健康食品です。活き活きハツラツとした毎日を過ごしたいかたに。

通販ページへ移動八ツ目の精ご購入はこちらから

粉末八ツ目鰻

粉末八ツ目鰻は、八ツ目鰻の特質を損ねることなく、伝統製法に依り美味で食べよい顆粒状にした食品です。白湯で飲んだり、ご飯のふりかけ、汁類の味つけとして。

通販ページへ移動粉末八ツ目鰻ご購入はこちらから

ページのトップへ戻る