月経痛(生理痛)、PMSなど婦人科のお悩みと漢方薬

 

このページの目次

月経は痛くて当たり前と思ってる?

女性にとっては大切な、それでも憂鬱な月経。痛みが辛くていつも鎮痛剤を服用して乗り切っている、という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか? 「生理に痛みがあるのは仕方がない」というのはなかば常識のように通っています。
鎮痛剤も緊急避難の選択肢のひとつではありますが、はたして根本的な解決なのでしょうか?

からだのサインを聴いて、デトックスチャンスを活かそう

漢方や中医学においては、月経は「痛みがない」のが本来であると考えられています。
下腹部や腰に重だるさを感じたり、ごく軽い痛みを感じる程度ならともかく、
強い痛みや、時には仕事や家事を普段通りに行えないレベルのつらさは、自分の体からの何らかのサインととらえてあげるのが良いでしょう。

月経は、女性にとっては排泄のひとつ。月経血が完全に排出されることによって、子宮の中も、体全体もきれいに掃除されることになります。
超ポジティブにとらえれば...ではありますが、月に一度のデトックスチャンスともいえます。
体調を整えて月経を待ち、ゆったりと月経期を過ごし、女性の皆様が爽快な気持ちで次の1カ月を迎られることを目指しましょう。

キーワードは「気血」の管理

女性の健康の根幹である月経の管理で最も大切なのは、「気血」の管理を意識することです。

血とは:

漢方や中医学では「けつ」と読みます。血は、言わずもがな、月経期に不足します。普段より血の足りない「血虚」状態であると、月経期の消耗はひとしおです。

気とは:

「血」を体に巡らせてくれるエネルギーのようなものを、「気」と呼びます。

気血の状態によって起こる身体への影響

もともとの健康な状態「元気」であれば、気が血を運んで体内を巡らせ生命活動を行っているのですが、栄養不足や過労、睡眠不足、そのほか肉体的・精神的消耗などで「血虚」「気虚」の状態に陥ります。 「血虚」や「気虚」、あるいは精神的なストレスで鬱滞して起こる「気滞」などにより、血の巡りも滞った「お血」の状態を生じる こともあります。

「血虚」+「気虚」=(気血両虚)でおこる症状の一部
 貧血、めまい、血色不良、疲れやすい、だるい、冷え性、むくみやすい、経血量が少ない

「気滞」+「お血」=(気滞血お)でおこる症状の一部
 月経前のイライラ、肌のくすみ、慢性的な頭痛、肩こり、粘度が高い(ときにレバー状の)経血

※血虚・気虚・気滞・お血は複雑に関連し、両方の症状がでることもあります。

月経前の緊張について

月経の2週間~数日前あたりからの不調(下腹の痛み、乳房の痛み、頭痛、むくみ、憂鬱、イライラ、過食)に悩まされる、 いわゆる月経前緊張症PMSと呼ばれる症状があります。さまざまな要因から起こる女性ホルモンのバランス異常によるもの と考えられています

よく使われる処方としては加味逍遥散がありますが、体質によっては、桂枝茯苓丸当帰芍薬散をお勧めすることもあります。
また、血府逐お丸も、血おを解消しつつ気の巡りをよくする生薬や補血のできる生薬がバランスよく配合されているので、 使用する場合も多くあります。

ほか、補助的にむくみがひどいばあいは五苓散、イライラが強い場合は抑肝散を使用することもありますが、いずれにしても 体質や証を考慮する必要があるでしょう。

月経期のケア

月経期は、女性にとってもっとも体を大切にすべき期間です。消耗される気血を補うこと、そして月経血がスムーズに排出されるために気血の巡りをよくしておくことが大切です。 したがって、

  1. いつも以上によく眠り
  2. 気血を補うものをよく食べ
  3. 体を冷えから守り
  4. ストレスを避ける

ことを念頭に生活するべきですが、現代社会ではそうもいかない時がしばしばあるのがつらいところです。
考えすぎてもストレスになりますので、あるがままの状態を受け入れて、そのなかでベストを選択できるよう知識として持っておきましょう。
知っていて、意識できるだけでも違ってくるものです。

月経期の食養生と漢方薬

気血を補う食材としては、なつめ・プルーン・干しブドウ・イチジクなどのドライフルーツクルミ・松の実・アーモンドなどのナッツ類、
黒きくらげや黒豆・黒ごま・ひじきなどの黒色の食材
がお勧めです。 また、気血のスムーズな巡りを阻害するという意味でも冷えは大敵です。 キンキンに冷えたビールや生ものなどには注意してください。
月経期の気血不足には当帰養血精などの気血を補うものを温かいお湯でゆっくり飲むのも良いでしょう。

器質的な疾病について

いわゆる一般的な月経痛の範囲を逸脱した症状...立っていられない程の痛みが続いたり、意識を失ってしまったり、そこまでは いかないけれど鎮痛剤が効かないくらい痛かったりなどの場合は、子宮内膜症や子宮筋腫、骨盤内膜症や子宮頸管炎など、器質的な疾病を生じている恐れもあるので、いちどきちんと検査を受けてみましょう。 西洋薬や病院での治療と並行して使用できる漢方もありますので、ご相談ください。

調合について

ここでお話しした内容に加え、店頭では、個々人の詳しい体質や状態を伺った上での調合も承っております。調合について
セミオーダーメイド感覚でそれぞれに適した調合をおこないますので、お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る