不眠の症状に効果的な漢方薬

お問合わせ
03-3842-0541
不眠の症状に効果的な漢方

不眠や不安感などの症状に効果的な漢方薬

漢方薬は細かい症状や体質によって複数の処方から選択致します。ご自身に適切なお薬をお探しの場合はお気軽にご相談下さい。
このページでは、不眠や不安感などの症状に効果がある漢方薬や伝統薬を紹介します。

八ッ目漢方薬局のお勧め

通販可能品はクリック(タップ)で通販サイトへ移動します

不眠・イライラ・気分の落ち込みについての漢方的解説

不眠やストレスの漢方について 八ッ目漢方薬局

ストレス社会と呼ばれる現代。ストレスによる様々な症状が現代人を悩ませています。
漢方医学においては、ストレスによる心身の不調は「」「」「」がキーワードになります。
「心」は血の循環や精神活動を司っていて、「心」がストレスによってダメージを受けると不眠症、不安感、動悸などの症状が現れます。
「気」の不足と気の巡りの不良は、疲れやすい、だるさ、気分の落ち込み、胸苦しさなどの症状が現れます。
そして、本来は「肝」が これら「心」や「気」の状態を整えることで、ストレスに負けない身体造りをサポートしています。

ストレスで不眠(眠れない・眠りが浅い)、気分が落ち込む方向け漢方薬

気分が落ち込んで眠れない方へ 漢方 八ッ目漢方薬局

ままならないもろもろのことに悩まされるわたしたちが、 現代の生活で受ける様々なストレスでイライラしたり憔悴してしまう状態を、漢方では、「気」の概念から、「気の流れが滞っている」とか、「元気が足りなくなっている」という言い方をします。
ストレスによる「気」の不足と気の巡りの不良は、イライラ、不眠、疲れやすい、だるさ、気分の落ち込み、胸苦しさなどの症状となって現れます。
※「気」は、現代でも「やる気」「元気」という表現がありますが、漢方でいう「気」とは、活発に運動する生命エネルギーのようなもので、言葉のイメージからしばしば神秘的にとらえられがちですが、 漢方でいう「気」は車でいうガソリンのようなものと考えてください。 「気」に不調が起こると、ストレスで眠れなくなってしまったり、気分が落ち込み、ふさぎ込みやすくなってしまいます。

気分が落ち込んで不調をきたすタイプの方向けの漢方
半夏厚朴湯
半夏、厚朴、紫蘇葉などが気の巡らしを改善します。気の巡りが滞ったときに現れやすい不安感、喉や胸が塞がった様な苦しい症状を改善します。他にも吐き気を抑える効果もあります。
香蘇散
香附子、紫蘇葉、陳皮などが気の巡らしを改善します。気分が落ち込み食欲が無い、お腹の気持ちが悪い、吐き気などの消化器系症状も改善します。

ストレスで不眠(眠れない・眠りが浅い)イライラしてしまう方向け漢方薬

イライラして眠れない人向けの漢方 八ッ目漢方薬局

肝は気血を蓄え、それらを身体の隅々まで巡らすことを主な仕事としています。
肝が「気」や「血」を全身に巡らすことによって気分が落ち着き、心身ともにのびのびとした状態が保たれているのです。ところが ストレスを受けると「肝」のはたらきが低下し、「気」が全身を駆け巡ることができずに渋滞してしまいます。
この「気」の渋滞状態がいわゆる「気滞」で、イライラして眠れなかったり、妙に怒りっぽくなったりなどの変化が起こります。

イライラが不調をよびこむタイプの方向けの漢方
加味逍遙散
気持ちの鬱ぎ(ふさぎ)を解消する柴胡・白芍・薄荷、補血する当帰、血液の滞りやのぼせに対応する牡丹皮・山梔子などから成る処方です。精神的な鬱積やイライラ、のぼせ感などに男女の別なく使用できますが、月経前症候群や更年期障害などでイライラや神経的な高ぶりが有る場合にしばしば適応します。
抑肝散(抑肝散加陳皮半夏)
過剰な緊張を緩める生薬(釣藤鈎)を含み、気の巡らしを改善し、脳の興奮状態も鎮めてくれる処方が抑肝散です。半夏・陳皮を加え、より胃腸症状や気の巡りをケアすることもあります。不安感、神経の高ぶりによる小児の夜泣き、怒りやすさ、チック、歯ぎしり、筋肉のけいれんなどの過度な緊張や神経の昂りを鎮めるためにしばしば用いられます。

心配事や不安感、動悸などで眠れない方向けの漢方薬

心配や不安で眠れない人向けの漢方 八ッ目漢方薬局

漢方でいう「心(しん)」の機能には、現代の言葉でいう精神神経作用のようなものも含まれています。
「心」は 精神活動や思惟活動を司り、「五臓六腑」(漢方の臓腑の概念)の中でも、司令塔の役割をはたし、 「君主之官」ともいわれます。
本来はバランスが取れて、どっしりと安定した立場にあって機能を発揮するべき「心」ですが、
「肝」の機能が停滞したり「気」がうまく巡っていないなど不安定な状態のときには、バランスが崩れていってしまいます。
無理をした状態が続くと、 (心臓の検査を受けても異常はないのに)動悸がしたり、不安感、眠れない・眠りが浅い・悪夢をよくみる等の症状があらわれます。

眠ろうとしても動悸が、不安が......心配が湧き出てしまうタイプの方向けの漢方
天王補心丸
遠志、柏子仁、酸棗仁に代表される「心」を鎮める生薬が中心含まれ、不眠症、不安感、動悸に効果を発揮します。その他に生地黄、麦門冬、天門冬などが、手や足のほてり、口の渇き、身体の熱感、寝汗など身体に溜まった過剰な熱を抑える効果もあります。
柏子養心丸
柏子仁、茯苓、石菖根に代表される「心」を鎮める生薬が中心に含まれ、不眠症や不安感などに効果を発揮します。その他に熟地黄、当帰などが不足しがちな血を補い、血行不良、貧血、疲労感を改善する効果もあります。
柴胡加竜骨牡蠣湯
柴胡、竜骨、牡蠣などが気の巡らしを改善し、人参、大棗などが不足した気を補います。不安感、動悸、のぼせ、ほてり、便秘などを改善します。
柴胡桂枝乾姜湯
柴胡、牡蠣などが気の巡らしを改善し、乾姜、桂皮などが身体を温めます。不安感、動悸、口の渇き、寝汗などを改善します。柴胡加竜骨牡蠣湯と比較すると柴胡桂枝乾姜湯は体力が低めの方に合っています。

調合した漢方をつかってみたい!

漢方調合をご希望のお客様へ

原因が複雑でじっくり向き合いたい場合は、調合を含めたご相談も承ります。詳細はお問い合わせ下さい。
調合について漢方調合のよくある質問のページも併せてご参照下さい。

ご注文・お問い合わせはコチラ

メールでのお問い合わせは24時間365日受付中!

03-3842-0541

電話対応時間 10時から19時 (元日を除く)

ページトップへ戻る