八ツ目漢方薬局について

スタッフ出勤カレンダー


※勤務状況は予告なく変更になる場合がございますのでご注意ください

ご案内

八ツ目漢方薬局は、漢方薬・中成薬・生薬・薬酒・民間薬、その他健康食品等天然素材成分主剤の商品を中心に扱っております。御相談のある 方は、お気軽に御来店ください。薬剤師がお客様の症状により、お薬や健康食品をお選びいたします。メールやお電話でのお問い合わせも承りま す。
営業時間 9:00~20:00 ※元旦を除き年中無休
相談受付  午前10時~午後19時
住 所   東京都台東区雷門1-16-7 1F
電 話   03-3842-0541
F A X  03-3841-9515
メールアドレス  kanpoo-asakusa@yatsume.co.jp
店舗地図

店内・スタッフ・店舗外観

スタッフ一同、ご来店をお待ちしております! スタッフ紹介ページはこちらをクリッ ク

店内の様子
店内写真 相談スペース写真 生薬や民間薬
店舗外観写真
店舗外観写真 店舗外観写真2

会社概要

開設者氏名:
薬局名称:八ツ目漢方薬局 代表取締役 加次井商太郎
〒111-0034 東京都台東区雷門1-16-7 TEL:03-3842-0541  FAX:03-3841-9515
設立:1958年(昭和33年)
薬局管理者:酒井哲夫
薬局開設許可証:27台台健生医や第625号
(許可年月日 平成27年11月2日)(有効期間 平成27年12月9日~平成33年12月8日)
薬局製剤製造業許可証:27台台健生医や第626号
(許可年月日 平成27年11月2日)(有効期間 平成27年12月12日~平成33年12月11日)
薬局製剤製造販売業許可:27台台健生医や第627号
(許可年月日 平成27年11月2日)(有効期間 平成27年12月12日~平成27年12月11日)
管理及び運営に関する事項(PDF)

店舗の管理及び運営に関する事項

1 許可の区分の別
薬局
2 販売業者の氏名又は名称
有限会社八ッ目漢方薬局
その他の販売業の許可証の記載事項
*<店舗販売業許可証の記載事項> 
・店舗開設者の名称(許可証の名義人) 有限会社八ッ目漢方薬局
・許可番号 27台台健生医や 第625号
・発行年月日 平成27年11月2日
・有効期限 平成27年12月9日から平成33年12月8日まで
3 店舗管理者の氏名
酒井 哲夫
4 当該店舗に勤務する薬剤師又は登録販売者の別及びその氏名 
勤務する薬剤師 酒井 哲夫 、 荒川秀子、寺田昌代、増田美樹、畑江葉子
勤務する登録販売者 飯島 千晶
5 取り扱う一般用医薬品の区分
第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品
6 当該店舗に勤務する者の名札等による区別に関する説明
薬剤師 名札に氏名及び「薬剤師」と記載
登録販売者 名札に氏名及び「登録販売者」と記載
その他の勤務者 名札に氏名を記載
7 店舗営業時間
9時00分~20時00分 休日 元日のみ、営業時間外で相談できる時間 なし
8 相談時の連絡先及び緊急時の連絡先
03-3842-0541、kanpoo-asakusa@yatsume.co.jp
9 最短使用期限の表示
当店で販売する医薬品は、使用期限が最短でも360日以上のものを販売しております。
10 担当業務およびスタッフシフトについて
酒井哲夫 薬剤師 (調剤・医薬品販売・情報提供・相談・在庫管理)
月・火・木・金(11時~20時) 日(9時~20時) 水・土(休み)
荒川秀子 薬剤師 (調剤・医薬品販売・情報提供・相談・在庫管理)
金・土(9時~16時)  日・月・火・水・木(休み)
寺田昌代 薬剤師 (調剤・医薬品販売・情報提供・相談・在庫管理)
月・火・水(9時~16時)  木・金・土・日(休み)
増田美樹 薬剤師 (調剤・医薬品販売・情報提供・相談・在庫管理)
日・月・火(9時~18時) 水・土(11時~20時)  木・金(休み)
畑江葉子 薬剤師 (調剤・医薬品販売・情報提供・相談・在庫管理)
木(9時~16時) 金・土・日・月・火・水(休み)
飯島千晶 登録販売者 (医薬品販売・情報提供・相談・在庫管理)
水・木・金・土・日(10時~19時) 月・火(休み)
※勤務状況は予告なく変更になる場合がございますのでご注意ください

郵便等販売届出書の記載事項 

1<郵便等販売届出書の記載事項> 
・許可番号及び年月日 21台台健生医や第123号 平成21年6月1日
・店舗の名称 有限会社八ッ目漢方薬局
・店舗所在地 東京都台東区雷門一丁目16番7号
・販売方法の概要 
・広告方法: ダイレクトメール、インターネット、折り込みちらし、テレビ、新聞、雑誌、電話等
・配送方法: 郵便、宅配便
・届出年月日 平成21年6月1日
・届出先 台東区台東保健所長

一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項

1 第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の定義及びこれらに関する解説
・第一類医薬品:一般用医薬品としての市販経験 が少なく、その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害を生ずるおそれがある医薬品であって、その使用に関し特に注意が必要なものとして厚生労働大臣が指定するもの。
・第二類医薬品:まれに日常生活に支障を来す健康被害が生じるおそれがある成分を含む医薬品で厚生労働大臣が指定するもの(第一類医薬品を除く)
・第三類医薬品:第一類及び第二類以外のリスクが比較的低い一般用医薬品(日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含む医薬品)
2 第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の表示に関する解説
表記する一般用医薬品のリスク区分ごとに、「第一類医薬品」、「第二類医薬品」、「第三類医薬品」の文字を記載し、枠で囲む。 
第二類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品については[指定第二類医薬品]と表記する。
3 第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の情報の提供に関する解説
リスク区分に関わらず、弊社宛に相談があった場合には薬剤師が対応します
4 指定第二類医薬品の陳列等に関する解説
指定第二類医薬品を、新構造設備規則に規定する情報提供を行うための設備から7メートル以内の範囲に陳列いたします。
5 一般用医薬品の陳列に関する解説
第一類医薬品はカウンター内の所定の場所に陳列します。 
また、第二類医薬品、第三類医薬品については、それらが混在しないように陳列します。
6 医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説
医薬品は人の健康の保持増進に欠かせないものですが、使用に当たって万全の注意を払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。
このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害 が生じた場合に、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行い、これにより被害者の救済を図ろうというのが、医薬品副作用被害救済制度です。
(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ホームページより抜粋)
<お問い合せ先>
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 救済制度相談窓口
電話番号:0120-149-931  月~金(祝日・年末年始を除く)9:00-17:30
7 その他必要な事項
医薬品は、使用上の注意をよくお読みになり、用法・用量を守って、正しくお使いください。
ページのトップへ戻る