HOME» 取扱商品 »田七人参・粒(でんしちにんじん/三七/田三七)

田七人参・粒(三七/田三七)

田七人参(でんしちにんじん)・粒

良質な田七人参を飲みやすい粒状にしました

雲南省産の5~6年根の高品質な田七だけを使用しています。

お召し上がり方:1日12粒を目安に水かお湯でお飲みください。

原材料:田七人参末、結晶セルロース、グリセリン脂肪酸エステル

田七人参についての解説
歴史的にも貴重な生薬

田七人参は高麗人参と同じウコギ科の植物で、別名を三七人参、あるいは金不換とも呼ばれお金には換えられないほどの貴重な名薬として、中国では古来より珍重されてきました。雲南省の高地で3~7年もの歳月を掛けてようやく収穫できるもので非常に高価なため一部の上流階級でしか手にすることができませんでした。

近年の田七人参研究

近年になって栽培技術の向上により、一般的に入手しやすくなり、科学的な研究も進んでいます。明らかにされた田七人参の成分として、サポニン、精油パナセン(フィトンツイト[植物の持つ殺菌力]作用)、アミノ酸群(特にアルギニンとアスパラギンなど)、有機ゲルマニウムなどがあります。

中医学の田七人参

中国・明代に編纂された漢方書『本草綱目』にも記載されており、「漆のように傷口をふさぐ止血作用があるほかに、相反する活血(血行促進)の作用を併せ持つ」とされ、古来でも打身、切傷、鼻血、吐血、婦人病、循環器疾患、胃や十二指腸潰瘍の出血にと幅広く使われており、また現代においても欠かせない植物です。

田七人参についてのご注意

田七人参は医療にも用いられていますが、医薬品ではありません。あくまでも食品(健康食品)としてその食効を期待するものです。
いままで記載した事柄は数多くの研究結果によって発表されたものですが、100%誰にでもすぐ効果が現れるわけではありません。早い方なら1~2週間で効果が現れるかもしれませんし、また数ヶ月にわたってほとんど効果が自覚できない方もいらっしゃいます。
現代医学の医薬品と違い、田七人参は身体の状態で現れる効果や期間が異なることをお含みおき下さい。