HOME» 生薬薬草データベース »延胡索(えんごさく)

延胡索(えんごさく)

味は辛・苦。性温。
エンゴサクの塊茎にはアルカロイドのコリダリン、テトラヒドロパルマチン、コリブルビン、プロトピンなどが含まれる。
漢方 処方としては安中散折衝飲など数多い。

商品に関するお問い合せ

延胡索(えんごさく)の使い方、煎じる分量の目安

延胡索(えんごさく)を煎じる場合の分量
2~5グラムを目安に、

水600mlに入れて、ふっとうするまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。
煎じたものが1日分になるので、茶こしやガーゼなどでこしたものを2~3回に分けて飲むようにしてください。

※煎じる量はあくまで目安なので、目的によって異なる場合があります。詳しくはお問い合せ下さい。

生薬・薬草を煎じるときの注意点

煎じる容器は土瓶のような焼物か、耐熱のガラス製のものが良いのですが、アルミ、アルマイト、ホーロー引きのヤカンやナベでもよいです。
ただし、鉄製や銅製のものは煎じ液が変質するおそれがありますので、避けるようにしてください。