HOME» 生薬薬草データベース »艾葉(がいよう/よもぎ)

艾葉(がいよう/よもぎ)

味は苦辛。性温。
ガイヨウはヨモギ(蓬・艾)の葉や全草。葉の裏側の繊毛はモグサの原料でもある。
ガイヨウの葉の成分にはシネオール、αツヨーン、カフェータンニン、ビタミンA・B・C・D等が含まれる。
漢方処方としてはキュウ帰膠艾湯など。
民間療法においては、全草を煎じた液、根を清酒に漬けたヨモギ酒、浴湯料にと様々に応用されている。

商品に関するお問い合せ

艾葉(がいよう/よもぎ)の使い方、煎じる分量の目安

艾葉(がいよう/よもぎ)を煎じる場合の分量
10グラムを目安に、

水600mlに入れて、ふっとうするまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。
煎じたものが1日分になるので、茶こしやガーゼなどでこしたものを2~3回に分けて飲むようにしてください。

※煎じる量はあくまで目安なので、目的によって異なる場合があります。

よもぎ湯にする場合の分量
30グラム位を

布袋または煎じ薬用薬草パック等に入れて、そのまま浴槽へ入れてよく揉み出して使用下さい。

生薬・薬草を煎じるときの注意点

煎じる容器は土瓶のような焼物か、耐熱のガラス製のものが良いのですが、アルミ、アルマイト、ホーロー引きのヤカンやナベでもよいです。
ただし、鉄製や銅製のものは煎じ液が変質するおそれがありますので、避けるようにしてください。

入浴剤として使用する際の注意

;艾葉は生理を調整する作用もありますが、また子宮刺激作用もあるため、生理不順や冷え性の女性には適応しますが、妊婦は注意が必要です。

艾葉(がいよう/よもぎ)をネットから購入する

通販ページをご利用下さい。