HOME» 生薬薬草データベース »イカリソウ(インヨウカク)

イカリソウ(インヨウカク)

味辛。性温。
インヨウカクの名の由来は雄の羊がこれを食べると1日に百回交合するという言い伝えによるものである。
成分にはフラボノール配糖体のイカリイン、エピメジンなどが20余種、そのほかアルカロイドのマグノフロリンなどが含まれる。
インヨウカクを焼酎に漬けた仙霊脾酒も良く知られている。

商品に関するお問い合せ

イカリソウ(インヨウカク)の使い方、煎じる分量の目安

イカリソウ(インヨウカク)を煎じる場合の分量
8~10グラムを目安に、

水600mlに入れて、ふっとうするまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。
煎じたものが1日分になるので、茶こしやガーゼなどでこしたものを2~3回に分けて飲むようにしてください。

生薬・薬草を煎じるときの注意点

煎じる容器は土瓶のような焼物か、耐熱のガラス製のものが良いのですが、アルミ、アルマイト、ホーロー引きのヤカンやナベでもよいです。
ただし、鉄製や銅製のものは煎じ液が変質するおそれがありますので、避けるようにしてください。

イカリソウ(インヨウカク)酒のつくりかた

200グラム

を同量のグラニュー糖とホワイトリカー1.8Lに漬けて密閉し、2~3ヶ月後に20mlくらいを1日2回に分けて飲みます。