HOME» 生薬薬草データベース »女貞子(じょていし/ねずみもち)

女貞子(じょていし/ねずみもち)

味苦。性平。帰経は肝・腎。
モクセイ科の常緑小高木トウネズミモチの果実を用いる。トウネズミモチは公害や病虫害に強く日本でも公園樹としてよく植えられている。
漢方では補腎・補陰・明目の効能があり、滋養薬として足腰の筋力低下、頭暈、白髪、視力低下、かすみ目などに用いる。

通販・お取り扱いのご案内

    八ツ目漢方薬局では女貞子をお取り扱いしております柿の葉通販
  • 女貞子 500g
  • 商品に関するお問い合せ
  • お電話 03-3842-0541 又はメールでも承ります

女貞子の使い方、煎じる分量の目安

煎じる場合の分量
5~10グラムを目安に、

水600mlに入れて、沸騰するまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。
煎じたものが1日分になるので、茶こしやガーゼなどでこしたものを2~3回に分けて飲むようにしてください。

生薬・薬草を煎じるときの注意点

煎じる容器は土瓶のような焼物か、耐熱のガラス製のものが良いのですが、アルミ、アルマイト、ホーロー引きのヤカンやナベでもよいです。
ただし、鉄製や銅製のものは煎じ液が変質するおそれがありますので、避けるようにしてください。