HOME» 生薬薬草データベース »菊花(キッカ/キクカ)

菊花(キッカ/キクカ)とは

菊花(キッカ/キクカ)は、キク科キクの頭状花を用いる。別名甘菊花、抗菊花ともいう。漢方では解表・平肝・明目・清熱解毒の効能があり、頭痛、眩暈、眼の充血、視力の低下、化膿性の炎症などに用いる。古くから、薬枕のひとつとして枕の中に菊花をつめる習慣もある。日本では、シカマンギクの花である野菊花をいい、中国医学では清熱解毒・降圧の効能がある。主に抗菊花は頭重感・眼の充血に、野菊花は化膿に用いるとされている。

通販・お取り扱いのご案内

  • 商品に関するお問い合せ
  • お電話 03-3842-0541 又はメールでも承ります

菊花(キッカ/キクカ)の使い方、煎じる分量の目安

煎じる場合の分量
3~5グラムを目安に、

水600mlに入れて、沸騰するまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。

生薬・薬草を煎じるときの注意点

煎じる容器は土瓶のような焼物か、耐熱のガラス製のものが良いのですが、アルミ、アルマイト、ホーロー引きのヤカンやナベでもよいです。
ただし、鉄製や銅製のものは煎じ液が変質するおそれがありますので、避けるようにしてください。