HOME» 生薬薬草データベース »金銀花(キンギンカ/スイカズラ)

金銀花(キンギンカ/スイカズラ)

金銀花(キンギンカ)は、スイカズラの花蕾を用いる。漢方では、解表・清熱解毒の効能がある。茎葉は生薬名忍冬といい同様の効能があるとされているが、一般に花の方が清熱解毒の効能が優れていると言われている。寒気の風邪には葛根湯が第一選択で、喉の痛みや熱の風邪には金銀花や連翹を含んだ銀翹散(銀翹解毒丸)が第一選択である。

通販・お取り扱いのご案内

  • 商品に関するお問い合せ
  • お電話 03-3842-0541 又はメールでも承ります

金銀花(キンギンカ)の使い方、煎じる分量の目安

煎じる場合の分量
2~3グラムを目安に、

水600mlに入れて、沸騰するまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。

生薬・薬草を煎じるときの注意点

煎じる容器は土瓶のような焼物か、耐熱のガラス製のものが良いのですが、アルミ、アルマイト、ホーロー引きのヤカンやナベでもよいです。
ただし、鉄製や銅製のものは煎じ液が変質するおそれがありますので、避けるようにしてください。