HOME» 生薬薬草データベース »接骨木(にわとこ/せっこつぼく)

接骨木(にわとこ/せっこつぼく)

日本の各地に自生するスイカズラ科の落葉低木、ニワトコの茎を接骨木という。民間ではニワトコの枝や茎を煮出したものを風呂に入れて神経痛やリウマチ、外傷の治療に用いたり、接骨木の粉末と黄柏末を合わせて練ったものを打撲した幹部に湿布する。

通販・お取り扱いのご案内

  • 商品に関するお問い合せ
  • お電話 03-3842-0541 又はメールでも承ります

接骨木(にわとこ/せっこつぼく)の使い方、煎じる分量の目安

煎じる場合の分量
10グラムを目安に、

水600mlに入れて、沸騰するまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。

生薬・薬草を煎じるときの注意点

煎じる容器は土瓶のような焼物か、耐熱のガラス製のものが良いのですが、アルミ、アルマイト、ホーロー引きのヤカンやナベでもよいです。
ただし、鉄製や銅製のものは煎じ液が変質するおそれがありますので、避けるようにしてください。