黄耆(オウギ)のご案内

お問合わせ
03-3842-0541
黄耆(オウギ)の解説

黄耆(オウギ)の解説

このページでは、薬草の黄耆(オウギ)についてご紹介します。

製品ご案内

・ご不明点や在庫状況等は問合せフォームまたは電話03-3842-0541まで

黄耆(オウギ)を原料に含む製品

黄耆(オウギ)の解説

黄耆(オウギ)の写真

黄耆(オウギ)

味甘。性微温。帰経は脾・肺。

アメリカではアストラガルスという名で健康食品にも利用され、アンチエイジングや男性用強壮剤として利用されている。
日本でもオウギの葉をペイチー茶と称し、健康茶として市販されている。
漢方処方では根の部分を使用し、補気・止汗等のために、疲労倦怠、盗汗、自汗などに用いる。
『神農本草経では「上品」として収載される。
漢方薬の処方としては、玉弊風散(イスクラ衛益顆粒)のほか、帰脾湯、十全大補湯、補中益気湯、七物降下湯、防已黄耆湯、黄耆建中湯など。
近年、オウギに含まれる成分としてγアミノ酪酸(ギャバ/GABA)も注目されている。

黄耆(オウギ)の煎じ方

3~10グラムを目安に煎じる

水600mlに入れて、ふっとうするまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。
煎じたものが1日分になるので、茶こしやガーゼなどでこしたものを2~3回に分けて飲むようにしてください。
※煎じる量はあくまで目安なので、目的によって異なる場合があります。
※医薬品として購入した場合の服用方法は製品の表記に従ってください。

  • 容器は、土瓶や鍋・ヤカンなどを使用し、鉄製や銅製のものは使わないで下さい。
  • 煎じ液を保存する際は粗熱が取れてからラップ等で蓋をして冷蔵庫に保存して下さい
  • 保存したものを服用する際は、可能なら温めて服用して下さい
  • 作り置きは2日程度にとどめて、長期保存はしないようにして下さい
  • ご注文・お問い合わせはコチラ

    ネットからのお問い合わせは24時間365日受付中!

    03-3842-0541

    電話対応時間 10時から19時 (元日を除く)

    ページトップへ戻る