HOME» 生薬薬草データベース »桜皮(おうひ)

桜皮(おうひ)

桜皮というのは和名であり、中国にはない。
薬用にはおもにヤマザクラの樹皮を用いるが、樹皮にはフラボノイドのサクラニン、サクラネチン、グルコゲンカニン、ナリンゲニンなどが含まれる。
日本漢方においても、華岡青洲は桜皮を配合した十味敗毒湯をよく用いた。
十味敗毒湯は今日も頻繁に使用されている。

商品に関するお問い合せ

桜皮(おうひ)の使い方、煎じる分量の目安

桜皮(おうひ)を煎じる場合の分量
3~10グラムを目安に、

水600mlに入れて、ふっとうするまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。
煎じたものが1日分になるので、茶こしやガーゼなどでこしたものを2~3回に分けて飲むようにしてください。

※煎じる量はあくまで目安なので、目的によって異なる場合があります。詳しくはお問い合せ下さい。

生薬・薬草を煎じるときの注意点

煎じる容器は土瓶のような焼物か、耐熱のガラス製のものが良いのですが、アルミ、アルマイト、ホーロー引きのヤカンやナベでもよいです。
ただし、鉄製や銅製のものは煎じ液が変質するおそれがありますので、避けるようにしてください。