HOME» 生薬薬草データベース »センブリ(千振/当薬)

センブリ(千振/当薬)

味苦。性寒。
日本以外にも分布するが、日本独自の民間薬である。千回振り出しても苦みがあることからセンブリと言われる。
苦味成分のうちスウェルチアマリンという配糖体には、胆汁、膵臓、唾液などの分泌を促進する作用がある。
苦味健胃薬として今日でも家庭薬に配合され、胃痛、消化不良、食欲不振の治療に応用されている。
近年ではセンブリのアルコール抽出物が発毛薬として注目されている。
民間療法では、センブリの煎液を頭じらみを除去するための洗髪料、また結膜炎の洗浄液としても利用している。

通販・お取り扱いのご案内

  • 商品に関するお問い合せ
  • お電話 03-3842-0541 又はメールでも承ります

センブリ(千振/当薬)の使い方

センブリは医薬品になります。パッケージや添付文書等の表示を確認して服用ください