大棗(たいそう/なつめ)のご案内

お問合わせ
03-3842-0541
大棗(たいそう/なつめ)の解説

大棗(たいそう/なつめ)の解説

このページでは、薬草の大棗(たいそう/なつめ)についてご紹介します。

製品ご案内

・ご不明点や在庫状況等は問合せフォームまたは電話03-3842-0541まで

大棗(たいそう/なつめ)を原料に含む製品

大棗(たいそう/なつめ)の解説

大棗(たいそう/なつめ)の写真

大棗(たいそう/なつめ)

味甘。性温。

棗は日本でもよく庭に植えられているが、中国では子供の誕生にこの樹を植えて、嫁ぐときに持参するという風習がある。
漢方処方として煎じ薬に使用される際は乾燥して刻まれた状態のものを煎じて服するが、 棗の実を乾燥させたものは、そのまま食べることもできる。
虫やカビがつきやすいので保管には注意が必要。

大棗(たいそう/なつめ)の煎じ方

3~5グラムを目安に煎じる

水600mlに入れて、ふっとうするまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。
煎じたものが1日分になるので、茶こしやガーゼなどでこしたものを2~3回に分けて飲むようにしてください。
※煎じる量はあくまで目安なので、目的によって異なる場合があります。
※医薬品として購入した場合の服用方法は製品の表記に従ってください。

  • 容器は、土瓶や鍋・ヤカンなどを使用し、鉄製や銅製のものは使わないで下さい。
  • 煎じ液を保存する際は粗熱が取れてからラップ等で蓋をして冷蔵庫に保存して下さい
  • 保存したものを服用する際は、可能なら温めて服用して下さい
  • 作り置きは2日程度にとどめて、長期保存はしないようにして下さい
  • ご注文・お問い合わせはコチラ

    ネットからのお問い合わせは24時間365日受付中!

    03-3842-0541

    電話対応時間 10時から19時 (元日を除く)

    ページトップへ戻る