HOME» 生薬薬草データベース »大棗(たいそう/なつめ)

大棗(たいそう/なつめ)

味甘。性温。帰経は脾。
日本でもよく庭に植えられているが、中国では子供の誕生にこの樹を植えて、嫁ぐときに持参するという風習がある。
漢方では、脾胃を補い、精神を安定させ、刺激の強い薬性を緩和する効能があり、食欲不振、下痢、動悸、ヒステリーなどに用いる。
虫やカビがつきやすいので保管には注意が必要である

通販・お取り扱いのご案内

  • 商品に関するお問い合せ
  • お電話 03-3842-0541 又はメールでも承ります

大棗(たいそう/なつめ)の使い方、煎じる分量の目安

煎じる場合の分量
3~5グラムを目安に、

水600mlに入れて、沸騰するまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。

生薬・薬草を煎じるときの注意点

煎じる容器は土瓶のような焼物か、耐熱のガラス製のものが良いのですが、アルミ、アルマイト、ホーロー引きのヤカンやナベでもよいです。
ただし、鉄製や銅製のものは煎じ液が変質するおそれがありますので、避けるようにしてください。