HOME» 生薬薬草データベース »タラ根皮(たらこんぴ)

タラ根皮(たらこんぴ)

タラノキの根皮や樹皮に含まれるサポニンのエラトサイドに、糖やアルコールの吸収を抑制する作用のあることが報告されている。
日本の民間薬では、タラ根皮の煎じたものを「たら根湯」と称し、糖尿病の妙薬として用いられている。

通販・お取り扱いのご案内

  • 商品に関するお問い合せ
  • お電話 03-3842-0541 又はメールでも承ります

タラ根皮(たらこんぴ)の使い方、煎じる分量の目安

煎じる場合の分量
15グラムを目安に、

水600mlに入れて、沸騰するまで強火で、沸騰してからは中火~弱火で、量が半分くらいになるまで(少なくとも30分程度)煎じてください。

生薬・薬草を煎じるときの注意点

煎じる容器は土瓶のような焼物か、耐熱のガラス製のものが良いのですが、アルミ、アルマイト、ホーロー引きのヤカンやナベでもよいです。
ただし、鉄製や銅製のものは煎じ液が変質するおそれがありますので、避けるようにしてください。