天王補心丸 不眠の漢方

漢方薬局|八ッ目漢方薬局浅草店
お問合わせ
03-3842-0541
天王補心丸

天王補心丸について

本剤は[第2類医薬品]です。服用に関してご不明の場合はお気軽にご相談下さい。
不眠や不安感、動悸などに効果のある[天王補心丸]の特長や医薬品情報をまとめました。

製品ラインナップ

クリック(タップ)で通販サイトへ移動します ※医薬品は服用上の注意をご確認の上、用法用量を守って服用ください。

不安感や動悸のある方の不眠に

天王補心丸は、中国元代に著された《世医得効方》に記載されている「天王補心丹」の処方を 基本としたものです。
配合されている生薬には、体力の低下を改善する作用・神経のいらだちを鎮める作用があり、
体質虚弱な人の不眠、不安感、肩こり、息切れ、動悸、口渇、便秘の症状を改善します。

天王補心丸の効能効果

体質虚弱な人の次の症状: 不眠、不安感、動悸、肩こり、息切れ、口渇、便秘

成分と使用上の注意

【成分・分量】成人1日量24丸中

地 黄(ジオウ)1.2g、酸棗仁(サンソウニン)0.3g、当帰(トウキ)0.3g、天門冬(テンモンドウ)0.3g、麦門冬(バクモンドウ) 0.3g、柏子仁(ハクシニン)0.3g、遠志(オンジ)0.15g、丹参(タンジン)0.15g、桔梗根(キキョウ)0.15g、党参(トウジン)0.15g、茯苓(ブクリョウ)0.15g
添加物として、ハチミツ、カッセキ、ミツロウを含有します。
〈成分に関連する注意〉
本剤は天然物(生薬)を用いていますので、丸薬の色や味が多少異なることや、丸薬 がくっつくことがあります。

使用上の注意

■相談すること■
1次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
2服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感、腹痛
その他:動悸、のぼせ
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

※本品は医薬品です。服用の際は使用上の注意をお読みの上、用法・用量を守ってお使いください。
また、 お薬や食品でアレルギーのある方 / 現在服用中のお薬やサプリメントのある方 / 持病のある方 / その他服用に関してご不明な点のある方は、ご相談の上服用下さい。

ご注文・お問い合わせはコチラ

メールでのお問い合わせは24時間365日受付中!

03-3842-0541

電話対応時間 10時から19時 (元日を除く)

ページトップへ戻る