HOME» 生薬薬草データベース »海馬(かいま)

海馬(かいま)

味甘。性温。
海馬はいわゆるタツノオトシゴのことを言い、別名を水馬・龍落子などともいう。
生薬製剤では海馬補腎丸至宝三鞭丸などに配合されている。

商品に関するお問い合せ

海馬(かいま)を含む製品

海馬補腎丸(第2類医薬品)

この薬は、海馬(タツノオトシゴ)、鹿茸(雄鹿)、ヤモリ、海狗腎(オットセイの生殖器)などの動物性生薬9種、人参(朝鮮人参)、当帰、地黄等の 植物性生薬10種が配合され、古くから中国では強精、強壮剤の代表な薬として用いられています。
体を丈夫にし、病気に対する抵抗力をつける滋養強壮の効果があるほか、生殖機能の減退、更年期障害による体質虚弱の改善に効果があります。

至宝三鞭丸(第2類医薬品)

この薬は、強壮作用及び一般虚弱症に優れた治療効果があり、強壮効果を持つ、三鞭成分( 鹿鞭、広狗鞭、海狗鞭)を主体に、 37種類もの植物・動物生薬を配合しているのが大きな特徴です。